カードローン お金の借り入れを検討している方の中で、カードローンサービスを選択している方がいるでしょうが、今回はこのカードローンの与信審査について紹介していきます。
金融機関は最近のカードローンの機能を利用者に取って便利な使い方が出来るように工夫してきています。融資枠を設定し、その枠内でのお金の借り入れは比較的自由に利用者が利用できるようにしているのです。この利用シーンに合わせてカードローンでは、利用者が融資をするのに返済能力を有しているか、融資枠の金額をいくらに設定するのかという部分に重点を置いて審査を行っています。従って利用者はこれらのポイントに重点を置いて審査の準備をしておく必要があります。
あまり知られていない事ですが、個人情報センターというものがあります。この機関は金融機関がリスク管理を目的として、利用者の過去の金融取引に関する情報を共有する為に利用されている機関です。ここには国内の全利用者の金融取引の記録が過去5年間の間記録されているのですが、当然金融取引経験の無い方は記録はありません。それは信用実績が無いという事になり、あまり良い評価を受けることが出来ません。また、過去5年以内に返済遅延等の返済トラブルを起こした利用者は記録として蓄積されてしまい、新たな金融取引を申し込んだ場合、審査に大きな悪影響を及ぼします。
前述したとおり、カードローンの場合は融資枠を設定する訳ですが、個人情報センターでは融資枠の設定される借り入れサービスでは実質的に借り入れている金額ではなく、この融資枠が記載されるのです。仮に300万円の融資枠が承認され、現在その内の30万円を借りていても、個人情報センターに記載されるのは300万円なのです。利用者の信用枠はその利用者の収入に比例して概ね一定額ですが、この融資枠が信用枠一杯に設定されていると、他のローンや借り入れをする時に審査に落ちる可能性があります。利用者の方はこの事をしっかり認識して、融資枠の申告をしておかなければなりません。枠が大きければ大きい程良いというものではないのです。
上記の内容を総括すると、カードローンの審査ではまず過去5年程度の中で金融取引に於いてトラブルを起こしていない事、定期的な収入をしっかり持っている事となります。また融資枠の設定のための支払余力をどの程度持っているかという事、融資枠は毎月の返済と勘案して適切かどうかという事を考えなければなりません。先程述べた通り、融資枠の設定にも注意しなければなりません。審査と同時にご自身の計画もしっかり立てておくべきですね。