カード利用の借り入れは返済方法に気を付けて
カードローン 借入には色々な返済方法がありますが、その中でもカードローンの返済方法は選択をする前に十分に注意する必要があります。その理由は返済の多彩さが原因になっているのですが、その返済事例を紹介しつつ、カードローンの返済を検証していきましょう。
一昔前ののカードローンの借り入れの姿と言えばまず融資枠を決め、その金額内での借り入れを行い、借入金額に従って返済金額が金融機関の定めに従って設定され、利用者はその定めに従って毎月の返済を行っていました。また借入金額に関係なく金利は一定であったのです。しかしながらこのカードローンの常識は今では全く違っています。
まず借入金額の最低額が大きく引き下げられました。概ねどの金融機関でも1万円からの借り入れが可能となっています。それに従って金利の在り方も大きく変化しています。50万円から100万円単位で金利は変化し、利用者の借入額に従った金利が設定されています。従って金利が一定であるという事はありません。更に大きく変化したのはその返済方法です。今迄の借り入れであれば返済の方法は1つしか選択できませんでした。ところが最近は色々な返済方法の中から利用者がその1つを選択できるようになり、またその金額設定にしても利用者の希望金額をある程度決められるようになったのです。
これにより、利用者の返済の選択権は増え、便利にはなったのですが、支払総額は選択する返済方法により大きく変動する様になったのです。その返済方法の変化の中で、最も大きな返済方法の違いはスライド方式の返済方法が取り入れられた事です。スライド返済とはリボルディング返済等がその代表例なのですが、毎月の返済金額を固定し、借入金額に関わらない返済金額を設定する返済方法なのです。
利用者に取っては借入金額に関わらず返済金額が一定な事から非常に毎月の返済は楽になるのですが、代わりに借り入れ金額が増大する程、毎月の返済金額が変化しない為に返済回数が増える事によって、返済総額が莫大になるというデメリットをもっています。これは借り入れ当初には利用者には判断しづらく、何も知識の無い利用者がこの返済方法を選択するケースがあるのです。
後になって支払総額が甚大になる事に気が付いても契約した後ではもう何も言えませんから、事前の返済シミュレーションを実施する事が唯一の判断方法なので、カードローンの利用を検討している方は必ず利用前に実施しなければなりません。