カードローンの返済は特徴が多い
カードローン 金融サービスには様々なものが出揃ろっていますが、その中でも最近のカードローンの返済方法は多様なサービスが提供されています。
特に近利用者の注目を集めているのはスライド返済型の返済方法です。このスライド返済というのはリボルディング返済等を筆頭とした支払方法がそれに当たります。通常の返済であれば借り入れの総額に比例した返済金額が設定されるのですが、スライド型返済であれば借入金額に関係なく、返済金額は固定化されます。返済額が固定化されている事によって、毎月の返済額を最低限の金額に設定することが出来、これが利用者に人気が出ている理由になっています。
しかしながらこれらの返済方法には問題点も指摘されており、大きな金額の借り入れを行った場合、返済金額が変わらない事で返済回数は当然ながら多くなり、結果として支払金利の返済総額は非常に大きくなる場合があり得る訳です。これが無用に返済総額を大きくする可能性があるという指摘もされており、問題視されています。場合によっては金利の低いサービスを選択しても、スライド方式の返済を選択した場合には、結果的に支払総額は大きくなるという事が起こってしまう訳です。
この様なカードローンの返済を検討している方は、返済シミュレーションをしっかり行い、完済時の支払総額をしっかりチェックするようにした方が良いでしょう。

金利と返済方法の関係について
カードローン カードローンサービスについてはその多彩な返済方法を利用者が選択できるという事が、非常に評価されていますが、利用者の返済方法の選択によっては思わぬ結果を招く可能性がある事を認識しておかなければなりません。
まず、金利は当然ながら安い金融機関を選択するのが利用者の共通した望みですが、返済方法が毎月低く押さえられる事も利用者に取っては魅力的な事柄です。ところがこの2つの長所をカードローンサービスでは選択できるようになっており、これが利用者によっては金利で有利なサービスを選択したにもかかわらず、支払総額は大きくなるという相反する結果を招く可能性が出てきているのです。
これは返済方法の仕組みによって、この様な事が起こるのですが、支払総額を低く押さえるという概念については、金利のメリットと返済方法によるメリットは全く逆の効果を持つのです。サービスの内容で決めるのか、支払総額のメリットで考えるのかによって、選択するサービスは考えなければならないのですが、金融機関でその様なガイドラインは設定されていません。従って目的に応じたサービス選択を利用者は明確にしなければなりません。その為には返済シミュレーションを行うのは最も有効で安全な方法です。