カードを利用した借り入れの返済は注意すべき
金融 最近のカードローンの返済方法は非常に沢山のオプションの中から、利用者が選択できる自由度があります。しかしながらこの自由度も選択の場合によっては利用者により多くの返済金額を増やす結果になりうるのです。
通常は返済金額は借入金額に比例して大きくなるのが普通なのですが、最近はスライド型返済を取り入れる金融機関が増加してきています。これは月々の返済を固定化し、融資金額に左右される事無く一定の支払をする事で返済を均等化する返済方法です。しかしながらこの返済方法を選択すると、借入金額が大きくなる程返済回数が増え、結果返済金利だけが増加する事で返済総額が非常に多くなってしまうのです。
これによって利用者がイメージしない大きな返済総額になり、最初の返済段階では金利だけを返済するという事態を招く可能性があります。結果的にはどこかの段階でまとめた金額を一括返済する必要性が出てきますので、現状では返済が厳しい方等が一時的に選択する返済方法です。従って金利の安いサービスを選択しても、返済方法によっては結果的には返済総額には貢献しない可能性があります。返済方法を誤らない為には、シミュレーションを確実に実施すべきでしょう。