Most popular posts

人気のクレジットカード記事

クレジット豆知識

クレジットカード申請 – 注意すべき5つの条件

あなたのものを最大限に活用するためには、しかし、あなたはそれに付属する契約条件を知っておくとよいでしょう。あなたが新しいカードを申請する前に、あなたがあなたが申し込んでいるものについてしっかり理解していることを確認してください。これがクレジットカード申請で注意すべき5つの一般的な用語です。
年率

多くの場合、APRとしてクレジットカードの申請書に表示されますが、年率はクレジットコストを表します。言い換えれば、APRはあなたがあなたがクレジットカードで持っているどんな未払い残高でも支払う必要があるでしょう利子を表します。年率で表します。いくつかのクレジットカードは低金利を宣伝しています。他の人、特に報酬プログラムを提供する人は、より高いAPRを請求するかもしれません。あなたの優先順位と、あなたがあなたがAPRを見るときにあなたがバランスをとるかどうか考えてください。

残高の移動

クレジットカードの申請書に残高振替のオプションがある場合は、別のカードから既存の残高を引き継ぐことができます。なぜあなたはこれをしたいのですか?あなたは高いAPRを持っているカードで残高を持っているかもしれません。残高を低いAPRのカードに切り替えることで、かなりのお金を節約できます。残高振替を提供するクレジットカードには通常、利息が残高に請求されない一定期間が含まれます。オファーの継続期間を確認し、割り当てられた期間中に残高を返済します。バンドルを金利で節約できます。

猶予期間

猶予期間、または無料期間は、請求利子を得ることなく残高を返済するために与えられる日数です。猶予期間は通常20〜30日です。購入した後、猶予期間中にそれを返済した場合、あなたはいかなる金融費用も負うことはありません。カードに猶予期間が設定されていない場合は、購入後すぐに金融費用が発生します。

紹介オファー

ほとんどのクレジットカードには登録時に追加のボーナスが含まれています。これらは通常、あなたが利子を請求されない最初の期間で構成されています。オファーは通常6ヶ月から12ヶ月の間持続し、購入または残高振替のために使用することができます。このオファーが何に適用されるのか、また通常の利率はいくらになるのかを確認してください。結局、あなたはカードの通常の利子を支払わなければならないでしょう。

変動金利と固定金利

多くのクレジットカードには変動金利が付いています。これは通常、プライムレートに関係しています。プライムレートは、銀行が最高の顧客に貸し出すために使用するものです。プライムレートが変わると、クレジットカードの利子も変わります。一方、固定金利は変化しないものです。クレジットカード会社はまだ固定レートでも調整を行う権利を持っていますが、そうする前に彼らはあなたに知らせる必要があります。

これらの条件はすべて、あなたの状況に合った正しいクレジットカードを選ぶのに役立ちます。時間をかけてアプリケーションの規約を読みます。そうすることによって、あなたはあなたのクレジットカードを完全に理解するでしょう。プラスチックが郵便で届いたら、あなたはそれを使い始める準備ができているでしょう。

クレジット豆知識

エステサロンで優待が受けられるクレジットカード│お得に便利に賢いクレジットカード術

日本人1人あたり3枚は持っていると言われているクレジットカードは、いまやキャッシュ目当てよりも「付帯サービス」目当てで所有されている方が多いようです。
エステに通う方は各種サロンで割引を受けられたり、特別なサービスを優先的に受けられる
「エステサロンで優待が受けられるカード」
を所有されてみてはいかがでしょうか。
お得な金額でクオリティの高いサービスが提供してもらえるため、エステ関係のカードは幅広い年齢層の方々から人気を集めています。
また海外の旅行で役立ってくれるカードも存在しており、ホテルやレストランの予約からゴルフ場の予約、コンサートの優先的予約などを扱う
”各種コンシェルジュサービス”が人気となっています。
あなたの生活やビジネスの多大な貢献をしてくれるクレジットカードは、すでに無くてはならない存在になっているのかもしれません。
中には年会費・数十万円~というカードも存在しており、所持しているだけで高いステータスを得られるという
”ハイクオリティカード”
も存在しています。
充実したコンシェルジュサービスが自慢で、世界各国にカード会社が用意したサポートセンターが設置されています。
外国でありながら日本語でサービスが受けられるとあり、海外旅行の必須アイテムとまで呼ばれているのです。
「そんなにお得なカードなら自分も欲しい」
と思われる方も多いのではないでしょうか。
しかし便利なクレジットカードを所持するためには、各社が独自に設けた「審査基準」を通過する必要があります。
顧客の年収や勤務年数など、様々な視点から
”カード所有者として相応しいか”
という診断を下されるのです。
この審査はステータスの高いカードほど厳しく、狭き門となっています。
狭き門を通過したからこそ
”所持しているだけで価値あるカード”
という高い地位を獲得しているとも言えるでしょう。
一般的なカードであればそこまで厳しくはないので、審査を通過するのも難しくはないでしょう。
便利なカードを選び、積極的に活用されてみてはいかがでしょうか。

昨今のクレジットカードと審査に落ちる理由

クレジットカードの審査は昨今とても簡単に通るようになってきました。
昔インターネットのプロバイダー料金を支払うために作った頃は年会費ですら無料のところが少なくその支払いのためだけに作ろうとしていたので、選択肢は自ずと狭まってしまいました。
今では年会費入会費は無料は基本で、あとはそれぞれのサービスの差となります。
私が久し振りに作ったカードでこんなに簡単に審査が通ってしまうのかと思ったものが楽天カードです。
インターネットで必要な項目を入力しただけで後日カードが送られてきました。
調べてみると、初心者が持つカードとして最適のようですね。
過去の支払いに問題がなければ大学生や主婦でも持つことが出来ます。
インターネットで簡単に申し込みが出来るのも敷居の低さでしょうか。
インターネットで利用明細や設定の変更等もできるので、その辺りも今の時代には最適なのかもしれません。
そんなに簡単に審査が通るとはいえ、もちろん落ちる場合もあります。
一番肝心なところの信用度の問題です。
あちらこちらで多くの借金やローンを作っていたり支払いが滞ったりした時点で通らないでしょう。
それと些細ですが申込書の記入ミス。
クレジットカード会社はこの申込書を見て判断するのですから雑に書いてはいけません。
住居に大いに関係があります。
長年ホテル暮らしやインターネットカフェで寝泊まりしている人は通りません。
きちんとどこに住んでいるとわからないといけません。
あと上記に楽天カードは大学生や主婦でも持てると言いましたが、他のクレジットカード会社では落ちる可能性があります。
誰にでも作ってあげる魔法のカードではなく、使った金額だけの支払い能力があるかどうかというところが大切ですから。
職業、勤務先、収入等によっては通らない可能性もあります。
職業というと社会的に信用度の高いもの、逆に落ちてしまう職業はフリーター、自営業などです。
それを考えると収入のない大学生や主婦で持てる楽天カードが人気になるのもわかりますね。

クレジットカードの審査はどのようにしているのか
最近はクレジットカードも、量販店やスーパーの値引カードと一体化させたようなものが増加しており、家庭の主婦や学生が加入している例が増えています。
また、審査のスピードも結構速く、どのようなことをしているのかと考えたくなるような時もあります。
しかし、クレジットカードの発行時にはしっかりと審査をしています。
ただ、最近では電子データでやり取りをしたり、コンピューターの性能が上がったことから、人間が目で作業をすることが減少していることから、スピードはかなり上がっています。
また、収入のない人であっても、その親や配偶者に十分な収入があったりすれば問題なく回収が可能であるという判断をしているのです。
審査のデータとして大切なデータは個人信用情報機関が保有しているクレジットカードの利用事績です。
決済の遅延の有無等がすべてここに集積されるので、申込をした人については必ずその人のデータが個人信用情報機関に照会されます。
照会データは、電子データで送信されますからパソコン業務にうまくマッチングします。
しかも、ほぼリアルタイムにデータが来ますから、スピーディな処理に寄与しているわけです。
もっとも、人間の目が全く入らないわけではありません。
各信販会社等ではマニュアルがありますが、そのマニュアル通りの申込者であれば、コンピューター上のチェックだけでカードが発行されます。
しかし、申込者の全てがそのような人ばかりではないので、担当者が直接チェックすることになります。
その場合、当然完了のメール等が遅くなりますから、1週間以上連絡がない時は、何らかの事情で引っ掛かっていると考えた方がいいでしょう。
短期間に何枚もの発行申込を集中させると、警戒して拒絶されるようなケースもありますから注意が必要です。
なお、自分には何の覚えもないのに、返事が長引いた揚句にカード発行を拒絶されるようなケースが何度もある場合は、個人信用情報機関に自分の履歴を照会してみた方がいいかもしれません。

クレジットカードの審査に通りやすい人とは?
クレジットカードを作成するにあたっては、必ず審査が必要ということは周知の事実です。
所定の申込書に必要事項を記入して、クレジットカード会社に郵送して審査を受けるわけですが、これにパスして初めてカードを受け取ることができるわけです。
でも若い時、特に学生の独り暮らしなどでは審査に通らないこともあります。
これはなぜかというとカード会社が設定する一定の条件をパスしていないからです。
では、何を基準にしてカードの発行が許可されるかというと、
「安定した収入」
「返済能力」
「安定した居住場所」
という項目についてみているようです。安定した収入は言わずと知れたことで、大手企業に勤務し、勤続年数が長ければ評価も上がります。
また、公務員などの安定した職業であればスコアも良くなります。
返済能力に関しては過去に借り入れした履歴などで、延滞などのリスクがないかとか、過去に消費者金融からの借り入れなどの履歴がないかどうかがポイントになります。
カード会社は必ずといっていいほど、個人情報を管理する中立機関に照会を行いますので、自己申告をしてうその履歴を書いても必ずばれてしまいます。
過去に延滞などを繰り返して、複数のカード会社などにカードの発行を申請していたりするとそれが自転車操業と判断されたりというマイナス評価の要因になることもあるでしょう。
返済能力という点でいえば、自分が親と同居していて持ち家があるというのも大きなポイントとなります。
一人暮らしで仮り住まいであれば夜逃げの可能性がありますし、その分リスクが高くなります。
親と同居しているという点は代わりに返済する人がいるというリスク分散につながりますし、そこが持ち家であれば逃げも隠れもできないという点で、評価が高くなります。
安定した住まいがあるというのは評価の中で重要なポイントを占めるでしょう。
また、携帯電話しかないというよりも固定電話があるというのもプラスの評価につながります。

クレジットカードの申し込みでしてはいけない事
クレジットカードの審査基準は会社によって大きく違う場合が有ります。
一般的には銀行が発行する様なクレジットカードは最も可決が厳しく、その次が消費者金融が発行する信販系のカードの作成難易度は中間で、最も緩くて甘いのが大手スーパーやコンビニ、デパートなどが主体となって発行を行っている流通系のカードになります。
なぜ流通系のカードの審査が甘いのかについて考えると、それは単純に利用してもらう顧客の数を増やしたいと言う企業の思惑が有るからです。
カードの作成を少し甘くして顧客の数を増やせば、それだけ買い物をしてもらえる可能性が高くなるからです。
その代償としてカードを発行してくれた人には、例えばあるデパートでは買い物をすると割引になる特典が有ります。
コンビニの場合にはポイントを付与したりと、自分達のお店で少しでも多く買い物をしてもらえる様に様々な工夫をしています。
流通系のカードは非正規雇用の人でもカードを作る事が出来たと言う話もある程でかなり甘いと見て良いです。
逆に流通系のカードでも作成が出来ない人は他の所でも結果は厳しくなると言う見方が出来ます。
ある大手コンビニチェーンの発行しているカードは、郵送で送られてきますが大抵の場合、クレジットカードが可決された時と言うのは、10日ほど経ってから本人限定郵便などで送られてくる場合が多いです。
しかし、駄目だった場合には普通郵便でポイントを貯めて自由に使える機能だけが付いたカードが申し込みから1週間程経った後で送られてきます。
このポイントカードが届いたと言う事は今回は審査が通らなかったと言う事です。
しかし、諦めるのは早いのです。
ちゃんと原因を解明して、否決記録が抹消される半年以上経過してから再申し込みを行えば発行出来る可能性は残されています。
欲張って一度に何社ものカード会社に申し込む様な事はしてはいけません。
多く申し込めば発行出来る確率が上がると言う訳でも無いからです。

審査後にすぐ発行してくれるクレジットカード会社の見つけ方
クレジットカードは今やインターネットからでも簡単に申込みができますので、特典の多いカード会社やポイント還元率の高いカードを発見しましたら、そのままWEBサイトにアクセスすることですぐにカードを発行、クレジット機能だけでなく様々なサービスの恩恵を受けることができます。
しかし、クレジットカードの本分とはキャッシュレスで決済をすることであり、オンライン決済やオートチャージ、ETC決済など、その利用場面は時代とともに増えています。
さらに、最近では高額なショッピング枠を提供するカード会社も増えていますので、今までは買えなかったような高額商品や高級品もカード一枚あるだけで簡単に購入できるのです。
そのような時代だからこそ、いざというときに備えてカードを一枚作っておくことは今後何かおきたときに非常に役立ちます。
しかし、実はカード会社にはまだまだ他にも日常生活に役立つ知識が多く存在します。
例えば、即日審査、そしてカード発行ができるカード会社があることはあまり知られておらず、その知識を覚えておくだけで多くの恩恵を受けることができます。
通常、カード会社に申込みをしても実際にカード決済ができるようになるのは一週間後になりますが、即日審査、そして即日カード発行ができるカード会社に申し込めばそのような憂鬱な期間を待つ必要がなくなり、申込みをしたその日のうちにカード決済ができるようになります。
では、一体どこにそのような即日カード発行ができるカードがあるのかと言いますと、それはデパートや百貨店で受付をすることができます。
このような百貨店系のカード会社は、受付所で申込みからカード発行までしてくれますので、インターネットから申し込むよりも速くカードを入手することができるのです。
審査についても目の前でしてくれますので、カードの申込みから実際に入手するまでに数時間しかかからず、その日のうちにデパートや百貨店だけでなく、オンライン決済もカードでできるのです。

勤続年数もポイントとなるクレジットカードの審査
数年前、買い物をしていると、友人たちがみんなクレジットカードで支払いをしており、現金でしか買い物をした事が無かった私は、カードの仕組みが良くわからず、興味津々で友人たちに色々聞きながら、カードの仕組みを教えてもらいました。
そうすると、お洋服などの買い物の際に、金額が高い場合でも、カードで支払えば分割などが出来るのでとても便利だと聞き、いつも現金で支払っていて、高い金額のもが欲しくても諦めていた私には、とても衝撃的な事でした。
他にも、様々な支払方法が利用できたり、お買い物をする度にポイントが貯まって、そのポイントを商品券などの色々な商品に交換できる事も知り、早急にクレジットカードが作りたいと思い、様々なカード会社を調べてみました。
せっかく作るので、ポイントの還元率が良いカードを作りたいと思い、クレジットカードの利点などを比較したサイトや、友人たちの話を参考に、申し込むカード会社を決めました。
カードの申込みは、店舗へ出向いて契約をするのかと思っていましたが、インターネット上から簡単に出来たので、とても驚きました。
このインターネット上からの申込みは、手順に沿って住所や名前などの個人情報と、働いている会社の情報を入力するのみでしたので、10分程で簡単に申し込みが完了しました。
その後、カード会社より、申込みの簡単な確認の電話がかかってきましたが、その確認も数分で完了し、特に問題もありませんでした。
そして、審査に入るとの事で、そのまま数週間待っている間に、審査に通りやすい条件などを調べていると、勤続年数もポイントとなると書かれていました。
私は、申し込みをした際に記入した会社に5年以上勤めていたので、無事に審査に通過し、カードが自分の手元に届きました。
届いた瞬間は、大人になった気分でとても嬉しく、届いた次の日に友人を誘って、早速お買い物へ行きました。
その際、初めてカードで購入したのですが、いつもなら諦めて買えない数万円のコートをその場で購入する事が出来、しかも自分が毎月払える回数に分割して支払が出来たので、とても安心して購入出来ました。

クレジット豆知識

主婦でも審査が通るクレジットカードまとめ

私は主婦で、収入がありませんが、旦那には収入があり、それなりに家計をやりくりしています。
私に収入がないとなると、申し込みをしても審査で落ちてしまうクレジットカードは多く、このままでは自分名義のカードを作るには、家族カード等を利用するしかないかな等と考えていましたが、よくよく考えてみると、私は主婦でも大丈夫という場所に申し込みをしていたのではなく、とりあえずポイント等が欲しいという理由で、手あたり次第に申し込みをし、審査に落ちるという事を繰り返していたので、審査に受かる事が出来なかったのかもしれないという事を考え出し、とりあえず申し込みをしてだめだったものについては置いておき、主婦だからこそ契約できる可能性が高そうなクレジットカードを探す事にしました。
普段の買い物で得が出来るカードなどが良かったのは勿論なのですが、探してみると結構な数のクレジットカードを発見する事ができたので、どうしてこんな事に気づかなかったんだろうとため息をついてしまいましたが、一度にカードの申し込みをすると、カードの入手が難しくなるという情報を入手したので、主婦を客層として見込んでいるカード会社に少し期間を置いてから申し込みをする事で、無事にカードを入手する事が出来ました。
やはりこういった物事は、慎重に行う事が必要で、カード会社を選ぶ時にも、自分でも入手できそうなところを選ぶのがとても大事だと思いました。このような情報を仕入れる事で、無事に金利なども高額でなく、安心の置けるカード会社に申し込みをし、入手する事ができたので、これからはどうしても困ったことなどがあっても、カードに頼るという事ができそうで安心です。
主婦の方々でも仕事をしていないからという事を理由にカードを作られる事を断念される方というのは多いようですが、決して主婦だからという理由でカードが作れないカード会社ばかりではないので、主婦を対象としてくれるようなカード会社を選んで申し込むと良いと思います。

専業主婦でも審査に通ったクレジットカード
私は、現在夫の収入のみで家計のやりくりをしている専業主婦です。
私がクレジットカードを作りたいと思ったきっかけは、ネットショッピングなどをする際にわざわざ振込み用紙から振り込んだり、代引き手数料を取られたりとすることなく便利ですし、翌月に指定口座からの引き落としなので急な出費でもある程度は計画を持って準備することができると考えたからです。
また、カードにもポイントを貯めることができてそのポイントを有効活用することで家計のためにもなると考えたからです。
しかし、専業主婦ということで決まった収入があるわけでもないのでキャッシング枠以外にも利用限度額などの審査に通るかということが心配でもありました。
もちろん、夫のカードを使用してネットショッピングに利用することはできなくはないですが、それ以外の買い物に出かけた際の場面でも夫にカードを借りることなくカードでお得にポイントなどを使って買い物ができたらと思うことも多くありましたし、夫にも急な飲み会などの際にやはりカードを一枚でも持っていないと不安もあるかと思います。
そのため、自分用に一枚くらいは持っていたいと思ったのです。
そこで、思い切ってインターネットからクレジットカードの発行申し込みを行ったのです。
専業主婦ということで夫の職業や勤務年数などを入力する場もありましたが、数日後に電話確認があったあとに念願でもあったカードが届きました。
審査に通った理由は、利用限度額やキャッシング枠を最低基準にしていたということや、その他でカードを作って使用していたりキャッシング枠が残っていたりというようなことがなかったからではないかとも思います。
最近はカードを利用することや提示するだけでも買い物の際に割り引いてもらったり、ポイントをいただけたりというお得なサービスが充実しているので上手に使いこなしていきたいと思っていますし、無事に手元に届いてよかったと思います。

主婦である私は、夫が審査を受けて契約したクレジットカードの家族カードを使っています
私はクレジットカードのおかげで、ずいぶんと得をさせてもらっています。
なんせスーパーで買い物をするだけで、ポイントがどんどんたまっていくのです。
私が行っているスーパーでは、購入した金額の1.5%から10%ほどがポイントとしてつきます。
私は1回の買い物で5千円ほど使うので、そのたびに数百ポイントを付与してもらえます。
1ポイントは1円と同じ扱いですから、買い物のたびに数百円をもらっているようなものです。
数百円はかなり大きく、主婦としては大助かりです。10回ほど買い物すれば数千円になります。
それほどの額になれば、1回の買い物の支払いを全てポイントでおこなうことも可能です。
実際私は、2ヶ月に1度くらいポイントで買い物をさせてもらっています。
また、会計が非常にスムーズに進むことも嬉しい点です。
お財布からいちいち小銭を数えながら出す手間が省けますし、受け取ったつり銭が間違っていないかを確認する必要もないのです。
ずぼらな私にとって、この点はかなり大きなメリットです。
もちろんクレジットカードは、スーパーだけでなくインターネットでの買い物にも使用できます。
パソコンで欲しい商品を注文してカード番号を入力すれば、それだけで品物が自宅に届けられるのです。
買い物に出かける手間も支払いに行く手間もかからないので、体調の悪い時などにはとても便利です。
ちなみに私が持っているカードは、夫が契約しているクレジットカードをもとに作られた家族カードです。
もしも主婦である私個人がカードの申込みをおこなったら、審査に落ちていたのではないかと思われます。
しかし契約したのは夫であり、夫には私と違って安定した大きな収入があるので、審査にすんなりと通ることができました。
そして私は、そのおかげで家族カードを得ることができ、日々の買い物を上記のようにお得に快適におこなうことができているのです。
便利ですし、何よりポイントがたまることが嬉しいですし、今後もずっと使い続けていくつもりです。

クレジット豆知識

審査が甘い、審査が通りやすいクレジットカードまとめ

審査が甘い、通りやすいクレジットカードについて紹介する前に
クレジットカードを新しく作りたいけど、審査に通るかどうか不安
そう思っていませんか?
ですので、まずは審査が甘い、通りやすいクレジットカードについて紹介する前に重要になってくる条件について説明していきます。
あなたがきちんと収入があって、使った分を返済できるだけの裏付けがあること、他のローンやキャッシングの延滞がなくて、しかも過去に債務整理もしていないこと、
こういう条件を満たしていればまず間違いなく通ります。
延滞も、1度や2度程度であれば大丈夫です。
審査の基準は、あくまでもあなたの信用情報です。
もちろんカードによっては、家が自己所有でなければならないとか、年収がいくら以上といった条件が付くこともありますが、ごく一般的なクレジットカードを持つ場合、特に流通系などの審査基準の緩い物や、場合によっては一部外資系カードなども、信用情報がきちんとしていれば十分です。
また、過去に債務整理をした場合でも、返済終了、
または、破産後の免責から5年ないし7年ほど経過した場合は大抵OKです。
例外的に、債務整理後2,3年ほどにもかかわらず、定収入がある場合には、やはり流通系などでしたら作ることが可能なケースもあります。

それとは別に、もうひとつ気を付けておきたいことがあります。
それは申し込みブラックと呼ばれるものです。
1度にいくつものクレジットカードに申し込んだり、複数件のキャッシングやカードローンと一緒に申し込んだりした場合、
返済能力に疑問が持たれてしまいます。
特に銀行、カードやキャッシングといった金融機関は、その人個人の情報を共有していますので、1つがダメだと他も断られてしまうことがあります。
本人は収入があって、しかも延滞も債務整理もしていないのに、すべてから断られてしまうためこのように呼ばれます。
このようなことがありますので、カードを申し込む場合、またはキャッシングなどと一緒に申し込むような時には、
まず3件を限度にして申し込むようにしましょう。
あまり欲張って申し込むと、ブラックでもないのにブラック認定されてしまいますので、その点には注意してください。

クレジットカードの審査がある理由
クレジットカードを申し込む際に、必ず審査と言うものがあります。
なぜこのようなことをするのかと言うと、それは「与信判断」を行っているからです。
与信とは、名前の通り「信用を与える」ということで、これは信用を与えるかどうか判断するために行うのです。
なぜ、そういうことを行わなければいけないのかと言うとクレカの特性にあります。
クレカは、加盟店で利用すると、カード情報がカード会社に即時通達され、金額が請求書に記載されます。
そして、売上確定情報を元にカード会社が加盟店に利用した料金を支払います。
後日、利用者には請求書が届き、利用した料金の合計を支払ってもらう形になります。
そのため、確実に支払いができる人でないと、信用を与えカードを発行できないのです。
もし、信用がない人にカードを発行してしまい、バンバン利用して逃げられてしまうと、カード会社にとっては損失になってしまいます。
それを防ぐために、与信判断を行うのです。
これが、クレジットカードを発行する際に行われる審査の理由です。
また、これを行う際に個人信用情報機関と言うところに、個人データの照合が行われます。
ここでは、カードを利用し確定した合計金額と、ちゃんと支払いが行われたかどうかの登録がされており、審査の一つとして照会されます。
そして、問題がなければ発行されるのですが、過去にローンを組んで未返済だったり、支払いが滞っているなどの、不利になる情報が記載されていると与信判断は中止されたり、長引いてしまったりします。
それほど、クレジットカードを発行するということは難しいことであり、何でもかんでも発行されるというわけではないのです。
と言っても、多くの人は問題がありませんので、申し込みをしてから2-3週間程度で届きます。
届いた日から利用できる場合も多いので、同封されているガイドまたはそれに準ずる物にそって初期登録を行ってから利用するようにしてください。

クレジットカードの審査なら
クレジットカードを持ちたいあなたに朗報があります。
審査に通らないというそんなお悩みを解決すべく、柔軟な対応をしてくれるカードをご紹介致します。
まず、一番目にオススメなのは楽天カードです。
最近テレビコマーシャルなどでもよく見るように、会員数を格段に増やしつつある楽天カードは、支払いなどで貯めたポイントは楽天市場内で利用することが可能です。
お得にクレジットカードを使いたい方にとてもオススメです。
もちろん年会費は無料です。

次にオススメなのがKCカードです。
ポイント高還元率という特色を持つKCカードは使えば使うほどお得なカードです。
ショッピング、公共料金の支払いにもオススメです。
初めてカードを持つ大学生や主婦の方にも比較的取り扱いやすいカードと言えるでしょう。
こちらももちろん年会費は無料となっております。

イオンカードもオススメです。
ジャスコやイオンショッピングモールを運営するイオンのカードです。
イオンをよく利用する主婦層の方々にはオススメと言えるでしょう。
ポイントの提携店も多く、普段の生活に大いに利用出来るカードです。
もちろん年会費は無料です。
以上が割と審査の甘いクレジットカードです。

かと言って誰もが通るわけではないのがカードの審査です。
クリアする方法とはどのようなものがあるかを解説致します。
各カード会社が定める基準に達しない場合は落ちます。
例えば過去の支払い状況や現在の収入額などの要素を総合的に判断され、信用調査のスコア(点数)を付与されます。
そのスコアが基準よりも低い場合は、何度申し込みをしてもカードを作れない状況に陥ってしまいます。
また、申込書はしっかりと記入するべきなのです。
あなたの履歴書だと思ってください。
間違いや重要な箇所が記入されていない人は信用出来ません。
誤字脱字によってカードを作れないケースは多々見られます。
なぜなら、責任能力が乏しいと判断されるからです。
以上の点を踏まえて安全に、かつ充実したカードライフを送られることを祈っております。

クレジット豆知識

クレジットカードの作り方、流れ、契約方法

ショッピング枠現金化するのにはクレジットカードが必要です。
クレジットカードは今一人複数持っているような時代ですが、怖くてなかなか作っていない人もいるようです。
クレジットカードは持っている事で使いすぎてしまうという事もありますが、気を付け次第ではポイントも貯まるし、その店のお得情報も得る事ができます。
クレジットカードの作り方は簡単です。
自分の作りたいクレジットカードの申し込み書を書いて提出します。
書くことは個人情報ですが、今のクレジットカード会社は個人情報を厳守しています。
名前や住所、会社や年収まで書きます。
他に借金、ローンを組んで打いる人は金額を記入する欄もあります。
それからカード会社で審査をします。
審査は一週間くらいかかる事があります。
他のカードでどれくらい使用しているか、返済はきちっとされているかどうかという事です。
ほとんどの人は審査に通りこれだけでクレジットカードを作る事ができます。
クレジットカード会社からカードが送られてきて、使用する事ができます。
便利なのはよく行く店などで作る事。
百貨店の利用が多い人はその店のカード。
飛行機会社のカードなどではポイントが貯まるのが早く、ネットでチケットが取れたりするので、利用している人が多いです。
ネットでの大手サイトで作る人もいます。
Yahooや楽天などといった通販サイトです。
使用する事でサイトのポイントが付くので利用している人が多いです。
ショッピング枠現金化するのにこういったクレジットカードが必要となります。

キャッシングとの違い

今すぐにお金が必要なのに、手持ちのお金がない…そんな緊急事態は誰にでもあることです。
また、お金が必要だけど、キャッシング枠を全部使いきってしまったため、これ以上借り入れが出来なくて困っているとお悩みの方もいらっしゃることでしょう。
キャッシング枠がなくなると新たな融資が受けられなくなってしまいます。
そのため、さらに融資が必要であってもそれ以上の借り入れが出来なくなってしまうことは良くあるのです。
また、このような場合に他社で借り入れをしようとしても、
すでにキャッシングを行い、返済が出来ていない場合に、審査にひっかかってしまう場合も多々あるのです。
このような場合でも、クレジットカードの現金化なら低い金利で借り入れを行うことが出来るのです。
クレジットカードの現金化を行うにあたって大切なのは、まず自分自身の名義のクレジットカードがあるということです。
そして、クレジットカードにあるショッピング枠にゆとりがあることが挙げられます。
これらを満たしているだけで、クレジットカードの現金化を行うことが出来るのです。
しかも、実際に借り入れを行う際は、カード会社に電話一本入れるだけで、あとは簡単な本人確認があるだけで、すぐに現金が指定の口座に振り込まれるのです。
非常に簡単である上に、手続きのスムーズでかつ、入金までがすごくスピーディーであるためメリット尽くしのアイテムだと言えるでしょう。
キャッシング状況に関係なく借り入れが出来るのもメリットですね。

電話一本で即審査

日頃からお金というのは絶対に必要なものです。しかし、今すぐにお金が必要になったという場面にもかかわらず、
手持ちのお金を見ると、全然足りないことって良くありますよね。
そんなとき、友達や同僚など、誰かから借りるのも申し訳ないし…と思い悩んでしまいがちです。
そこで、誰かお金を手助けしてくれる人はいないものだろうかと都合のいいことを考えたりもしますが、突然、誰かが現れてお金を貸してくれるなんてことはありえないのです。
しかし、実はクレジットカードの現金化なら、あなたがお金に困ったとき、すぐにお金を用意してくれるのです。
クレジットカードをお持ちの方なら誰でも利用できるのがクレジットカードの現金化なのですが、この手続きもいたって簡単なんです。まずはカード会社に電話をかけて、いくら必要なのかを伝えます。
そして、鋼材に振り込まれるのを待って、確認出来次第、引き落とす…これだけなんですよ。
クレジットカードを利用して現金を借り入れるとなると、手続きや審査が面倒なのではと思ったりもしますが、実はそんなことはまったくありません。
電話一本で良いんです。いくら必要なのかを伝えれば、その金額を振り込んでくれるため、面倒な審査などは一切なく、非常にスピーディーに対応してくれるのです。
そのため、現金を持ち合わせて困ったときは、すぐにクレジットカードの現金化を行えば、あなたはピンチから脱することが出来るのです。
これでもう急な出費も怖くありませんね。

リボ払いも可能

いざお金が必要って場面なのに、財布を見ると「これじゃ、全然足りないよ!」ってことありませんか?
お金は急に必要になったりするのですが、いつも手持ちのお金が十分にあるとは限りませんよね。
そんなときにとても便利なのがクレジットカードの現金化なのです。
クレジットカードの現金化と聞くと、何やら難しい手続きが必要なんじゃないかと不安になるかもしれませんが、実はカード会社に電話を一本入れるだけで、すぐに指定の口座にお金を振り込んでくれるという非常に便利なサービスなのです。
もちろんクレジットカードの現金化によって借り入れをしたお金は返済しなければなりません。
そんなとき気になるのが金利でしょう。
しかし、クレジットカードの現金化によって借り入れした場合、実は通常のキャッシングで借り入れした場合よりも金利が低いというメリットがあるのです。
さらに、返済方法に関しても一括払い、分割払い、そしてリボ払いと自分自身が返済しやすいと考える方法を選択することが出来ます。
やはりお金を借り入れする際に、金利も含めて返済出来るかどうかというのは大変重要なことであり、借り入れ前にしっかり検討しておかなければなりません。
しかし、クレジットカードの現金化に関しては、金利が低いのが大きな魅力であり、返済方法も多岐に渡るので、通常のキャッシングに比べても返済に対する安心感があるため、お手軽に借り入れができる点でも大変人気を集めているのです。

使用可能なクレジットカード

ショッピング枠現金化しようと思っていても、自分のクレジットカードが使えるかどうかわかりません。
自分の利用している会社が自分の持っているカードが利用できるか確認しましょう。
しかし優良サイトと呼ばれるショッピング枠現金化の会社では多くの種類のカードが利用できる場合が多いです。
ショッピングするのにカード会社が使用を許可している会社になるからです。
ショッピング枠現金化で使えるカードはJCB・Master card・VIZAなら割と使える会社が多いです。
他にもDCカードやNicos・UCなどのカードは使えます。
またお店が作っているカードSAISON CARD・イオン・マルイ・イセタン・タカシマヤ・ヤマダ電機・ヨドバシカメラ・ビックカメラ・ツタヤ
・ANA・JAL・楽天・アイワイ・出光・ベネッセなども使用できます。
シティカード・ダイナースカード・トヨタTS3カードなど珍しいカードも使用できる会社もあるようです。
クレジットカードの種類が多く使えるという事は、それだけ金額も多く借りれます。
一枚だけでなく数枚のカードを同時に使用できる会社もあるようなので、枠が足りないから少ししか借りられないという人も数枚あれば、かなりの数になるはずです。
ただ、ショッピング枠はクレジットカード会社でしか広げる事はできません。
現金化する会社では難しいです。
なので事前にいくらまだ枠があるのか、何枚使用できるのか調べておいてから現金化しましょう。
簡単に調べる事ができます。

返済方法

ショッピング枠現金化した時に支払いはどうしたらよいのでしょう。
という質問をよく目にします。
クレジットカードのショッピング枠で買い物をしたことになるので、使用したクレジットカードの支払い方法によって支払日に引き落としになるはずです。
近頃のクレジットカードは一括で買い物をしてもあとからリボ払いに変える事もできるので、実際にショッピング枠現金化して、
すぐに返せると思ったら返せなかった、という人は支払日前にリボ払いにすると月々の返済が減って楽になります。
リボ払いとは使用した金額を月々の額一定に支払いする事ができるものです。
5000円と10000円のコースがあったはずです。
もちろんリボ払いにすると、手数料がつくので総額にすると少し返済金額があがります。

しかしキャッシングに関していうと、後からリボ払いにする事は難しく、支払わないとカードが使用できなくなってしまったりします。
そうならないためにショッピング枠現金化して月々の支払いを減らしていけば、いざという時にはお金を使用する事ができます。
クレジットカード会社によってカードの返済方法や期日などが違いますから、よく知っておいてから使用しましょう。
特に数枚いっぺんに現金化する人は、返済がわからなくなりがちなので、把握してから使用する事をおススメします。
支払いを放棄すると詐欺として名前が残ってしまう事もあるので、忘れずにカード会社をメモなどしておくとよいでしょう。

キャッシング

コンビニ(セブンイレブン)利用できるクレジットカードの種類とキャッシング枠

急な出費や給料日前の金欠時に無担保でお金を借りられるカードローンやキャッシングは、とても便利なサービスです。
借入をしなければ手数料などもかかりませんので、1枚はカードを持っておきたいものです。
しかし、消費者金融や銀行で新たに借入するとなると、やや面倒な手続きが必要です。
申し込みはインターネットでできるとしても、本人確認書類などを揃える必要があります。
収入を証明する書類が必要になることもあります。
利用したいが手続きが面倒と諦めている人は、1度所有しているクレジットカードにキャッシング枠がないかどうか、確認してみると良いでしょう。
クレジットカードを作った際に申し込んでいれば、限度額の範囲内で借入が可能です。
普段ショッピングでしか利用しない人は、ATMでクレジットカードを利用することに違和感があるかもしれません。
しかしキャッシング枠があれば、コンビニのATMでいつでも借入が可能です。
コンビニで買物をするついでにお金をおろすことができますので、まったく面倒がありません。
コンビニはどこにでもあり、24時間営業していますので、利便性は文句なしです。
利用方法はキャッシュカードでお金をおろすのと大差ありません。
返済方法を選択し、必要な分だけ借りるようにしましょう。

■ATM @「セブン銀行セブン銀行」
セブン銀行は、日本の大手流通会社であるセブン&アイ・ホールディングスの子会社の一つです。
※問い合わせ先(英語対応):http : //www.sevenbank.co.jp/

日本語/セブン – イレブン、日本の有名コンビニに置かれているセブン銀行のATMがたくさんあります。
このATMを使えば、海外で発行されたクレジットカードやキャッシュカードから日本円を引き出すことができます。だから、外国人旅行者のために本当に便利です。

・VISA
・PLUS
・アメリカン・エキスプレス
・JCB
・銀聯
・発見
・ダイナースクラブ
※参考:http://www.sej.co.jp/in/en.html

4つの言語(英語/韓国語/中国語/ポルトガル語)にATM画面/使用伝票/ガイド音声対応。

■セブン – イレブン店舗の所在地(全国各地)
セブン – 銀行のATMはセブン – イレブン、さらに空港、駅、各種商業施設などに設置されています。
このATMの数は日本では18,900までです。
原則として、これらの店は1日24時間、1年365日利用できるので、とても便利です。
下のウェブサイトでセブン銀行のATMの場所を確認することができます。
※参考:http://pkg.navitime.co.jp/sevenbank/

カードローン

派遣社員でも利用できるカードローン

カードローンなどで融資を受けるとなると、正社員でなければ審査で落とされてしまうのではないかと不安を感じる方もいらっしゃると思います。
しかし最近のカードローンでは一定の収入があることが証明できれば、審査を通過することができて借り入れも可能になりますので、派遣社員の方はもちろんのこと、パートやアルバイトとして働いている方でも借入れが可能になっているのです。

「派遣社員だからカードローンは利用できないのでは,,,」と不安を抱える人が少なくありません。
実際、派遣社員は正規雇用者に比べると収入が少ない傾向にあり、突然の雇用打ち切りのリスクがある雇用形態でもあり、正社員より信用度はやはり劣ります。
しかし、派遣社員だからという理由だけで審査に落ちることはあまりありません。
カードローンの利用に重要とされるのは、雇用形態や収入の多さよりも、「安定した収入が継続してあること」とされています。
毎月少しずつでも収入があれば、カードローンの審査に通過する可能性は大いにあり、派遣社員の人もキャッシングできます。

カードローンの申し込みであれば、派遣会社で在籍確認ができれば収入があることが証明することができますし、さらに派遣会社から発行されている給与明細書でも所得証明書として利用することが出来ますので、与信審査を通過することが可能になってくるのです。
従来までですと正社員の方以外が融資を申し込もうとすると非常に不利になってしまうというイメージがありましたが、最近ではカードローンの申し込みも簡略化されてきており、幅広い方々に手軽に利用できる環境が提供されておりますので、融資が受けやすいサービスであると考えられるのです。
派遣社員をされている方で融資を希望されているという方は、一度融資会社のオペレータの方に相談をしてみるというのも上手な借り入れ方法に繋がってくると思います

クレジット豆知識

クレジットカードの上限を引き上げる方法

電話で限度額の引き上げを依頼してください。

あなたのクレジット上限が近づいているとき、あなたのクレジットカードのうちの1枚に限度額の増加を求めることはあまりおすすめしません。
利用可能なクレジットのほとんどを使用していることがわかった場合は、より多くの現金を借りるように依頼するよりも、借金レベルを引き下げる方法を探すほうが得策です。
あなたがかなり良い財政状態にあるならば、あなたのカードの上限を引き上げることは実際にあなたのクレジットスコアを改善することができます。

アカウント管理

あなたが持っているクレジットカードで、支払期限を守らなかったりゆるい状態であれば、あなたに限度額の増加を与えることはまずないでしょう。毎月の分割払いでいつも遅れている場合、または既存の制限を超えていく場合は、安定した期間を維持した後で制限の引き上げを求めたほうがよいでしょう。
逆に、支払いを見逃したことがなく、常に限度内に留まっている場合は、リクエストが承認される可能性が高くなります。

あなたがオンラインで限度額の増加を求めることを可能にしますが、あなたのカード発行者のカスタマーサービスラインに電話することによってあなたの要求が承認されるあなたのチャンスを助けることができます。
与信限度額を引き上げるよう依頼してください。
あなたが自分のアカウントをどれだけうまく管理したかを指摘することによってあなたの利用用を主張してください。
仕事を失った、または緊急修理の費用を支払う必要があると発言している人に話しても、原因の解決にはなりません。

クレジットカードのメリット

クレジットカードを持つことで、あなたに余裕のある資金を与えることと同様に緊急時に使うことができます。
あなたの信用限度を増やすことはあなたの信用スコアを改善するのを助けることができます。上限値を設定すると、クレジットの使用率が下がり、外出せずにアクセスできる追加のお金を使うことになります。

代替案

あなたが良いクレジットスコアを持っていて、現在あなたのカードの1つに有利子バランスを持っているならば、低い残高転送レートを提供する新しいクレジットカード口座を申し込むことは限界上昇を求めるより良い選択でしょう。これにより、借金を利子の少ないカードに振り替えることができます。古いアカウントを閉じない限り、クレジット使用率は低下します。そのため、2つの面で勝ちます。

クレジット豆知識

クレジットカードの請求サイクル

クレジットカード会社は、支払利息と未払い料金を計算するために、繰り返される請求サイクルを使用します。
クレジットカードの請求サイクルを知ることで、毎月の請求書または明細書の発行時期を知ることができます。

請求サイクルの定義

クレジットカード会社は、請求書の発行方法と利子の請求方法を把握するために、請求期間またはサイクルを定義します。請求期間には、請求期間を終了する終了日を含む特定の日数があります。
1回の請求サイクルの終了日が過ぎると、次の請求サイクルが始まります。クレジットカード会社は、請求サイクルの開始日と終了日を使って残高に対する利子を計算します。

請求期間の決定

クレジットカード会社のカスタマーサービスに電話して、請求期間を確認してください。
請求サイクルの終了日を知ることで、1つの請求サイクルが終了して次の購入サイクルが開始された直後にクレジットカードの購入が行われるようにタイミングを設定できる場合があります。
これは、購入を「フロート」して請求書の支払いに余分な時間を費やすのに効果的な方法です。
その購入品は、到着予定の請求書には表示されないため、次の請求書に表示されます。

請求サイクルに関する規制

クレジットカード会社が消費者を利用しないように、カード会社を厳しく規制しています。一部の請求要件には、月ごとに変更されない静的期日が含まれています。
請求書を郵送してから支払期日が到来するまでに最低21日の余裕が必要です。クレジットカード会社は、午後5時までに締め切り時間を設定することも禁じられています。あなたの期日が週末や休日になると、クレジットカード会社は次の営業日にそれを進める必要があります。クレジットカード会社が最新の請求期間からの現在の残高と日々の残高の両方を使用して利息を計算できるようになった時代は終わりました。

クレジットカードの罠

クレジットカード会社は、興味を引くために2サイクルの請求サイクルを使用することはもうできませんが、この新しい規制を回避する方法を見つけた人もいます。SmartMoneyのWebサイトでは、利息発生のための猶予期間のないクレジットカードで、購入日に利息の請求が開始されることを警告しています。残高を繰り越さずにサイクルを開始し、購入を行い、次に請求サイクルの最後に部分的な支払いのみを行うと、クレジットカード会社は、部分的な支払いからあなたに支払われる利息の差を維持します。

法人カード

法人カードは全て同じではない! 自分の事業にメリットのある法人カードを見極めよ

法人カード選びのポイント①

フル活用したい! 事業経営に役立つサービスをチェック

様々なサービスが付帯されている法人カードですが、せっかくならばビジネスをするうえで大きく貢献してくれるサービスを行っているカードを選びたいところです。
例えば出張時の航空券・特急券の手配やホテル予約、渡航先情報の案内、また接待のためのレストラン手配やゴルフ場予約、花などのギフト手配など、実務ではないがビジネスシーンで欠かせない業務をコンシェルジュデスクに依頼できるサービスも存在します。窓口への電話1本で済めばあれこれ自分で調べて調整する必要なく、時間の有効活用ができるでしょう。実務に専念するために、それ以外の時間はできる限り削減したいという経営者や個人事業主ほど、そのメリットを感じるはずです。
また、法人向け弁護士の紹介や、業務で使用する事務用品・オフィス家具といった経費を交渉することなく優待価格で購入できることなども、ビジネスにおいて有利に働きます。
法人カードのなかには、企業に向けた福利厚生の要素を含んだプログラムの優待を行っているものもあります。全国各地の宿泊施設やスポーツクラブの優待、レストランやスパでの割引価格での提供など、社員のモチベーションを上げるのにも役立つことでしょう。
格上のサービスを受けられるのも法人カードの特徴の一つ。国内に限らず世界の一流ホテルやレストラン、ショッピングではVIPな対応をされ、世界の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティパス」を付帯できるものなど、海外出張が多い場合にはぜひ検討したいところ。日本と違い海外では飛行機遅延も多いため、空港ラウンジの利用は思いのほか役に立ちます。空港ラウンジでは無線LANが整っているため、仕事の進捗確認やメールチェック、部下への指示だしなど、ソファーでゆったりと行うことができます。空港内の待合室といった人の多いところで作業するより効率的なうえ、無料でドリンクを飲めたり軽食をとったりと、プラスアルファのサービスを受けられることで気持ちに余裕をもてそうです。
法人カードを選ぶ際には、こうした事業の効率化に繋がるサービスに目を向けてみると良いのではないでしょうか。

法人カード選びのポイント②

ポイントやマイルは欠かせない! 慎重に選ぶべき「ポイントシステム」

法人カードは利用額が大きいだけに、それを生かさない手はありません。必要経費をカードで支払うだけで年会費以上のポイントが貯まる可能性がありますので、ポイント還元率はチェックすべき要素の一つです。同時にポイントの使いやすさや、貯まったポイントが何に利用できるかといったところも重要。幅広い用途で使えるということだけでなく、ポイントを生かして事業に役立てられるかというところまで考えておきましょう。
例えば、法人カードによってはカード利用で貯めたポイントを通常よりも多くマイルに交換できるものもあります。マイルであれば、航空チケット取得に利用できるので出張で飛行機を利用する機会が多い場合には、重宝するサービスと言えます。
また失効期限のないポイントを貯められる法人カードもあります。知らず知らずのうちに貯まっていくポイントですが、その分「うっかり失効させてしまった」という経験を味わったことがある方も多いのではないでしょうか。一般的に法人カードの還元率は一般カードよりも低い場合が多いですが、還元率が0.5%だとしても、毎月100万円の経費利用があればそれだけで年間6万円分のポイントが貯まることになります。これを「うっかり」で無駄にしてしまうのはあまりにも勿体ないことです。ポイントに失効期限がなければ、たとえ数年間放置していたとしても貯め続ける事ができ、相当数のポイントが貯められれば用途がさらに広がることでしょう。

法人カード選びのポイント③

法人はステータスも重要!「信頼できる取引先」の条件にも

企業経営者が使っているクレジットカード、実はきっちり見られています。
接待費を経費として計上するため、取引先との会食代を法人カードで支払う事はよくある事です。このときにどのようなステータスのカードを使うかで、会社の信頼度を図られている可能性があります。なぜならクレジットカードのステータスとは、カード会社が認めた「その人ならびにその会社の信頼度」にあたるからです。
カード会社にとって、経営状況の厳しい企業にゴールドカードやプラチナカードなどの利用限度額が大きいカードを発行することは大きなリスクとなります。健全な経営実績がないと発行されないのです。
接待される側の立場として、一般の法人カードを出す社長と、ゴールドやプラチナの法人カードでスマートに支払いを済ませる社長、どちらのほうが会社としての信頼性を感じるでしょうか? クレジットカードで取引先を決めるわけではありませんが、会社の経営状況を探る1つの目安になることは否めないでしょう。特に中小企業や知名度がそこまで高くない企業の場合には、余計な詮索をされるくらいなら「経営努力の証」を持っておいたほうが無難です。
このように法人カードのゴールドカードやプラチナカードは、優越感や自慢するためのものではなく、取引先への信頼を示す重要なツールとなりえます。法人カードは接待や商談で必然的に使用するものですから、カードのステータスは実益に関わる要素となります。
ゴールドカードやプラチナカードは数万円の年会費がかかってくる場合がほとんどですが、ビジネスを行っていくうえで、その年会費を支払ってでもステータス性の高い法人カードを選ぶ事は賢い経営努力と言えるでしょう。

Close