日本人1人あたり3枚は持っていると言われているクレジットカードは、いまやキャッシュ目当てよりも「付帯サービス」目当てで所有されている方が多いようです。
エステに通う方は各種サロンで割引を受けられたり、特別なサービスを優先的に受けられる
「エステサロンで優待が受けられるカード」
を所有されてみてはいかがでしょうか。
お得な金額でクオリティの高いサービスが提供してもらえるため、エステ関係のカードは幅広い年齢層の方々から人気を集めています。
また海外の旅行で役立ってくれるカードも存在しており、ホテルやレストランの予約からゴルフ場の予約、コンサートの優先的予約などを扱う
”各種コンシェルジュサービス”が人気となっています。
あなたの生活やビジネスの多大な貢献をしてくれるクレジットカードは、すでに無くてはならない存在になっているのかもしれません。
中には年会費・数十万円~というカードも存在しており、所持しているだけで高いステータスを得られるという
”ハイクオリティカード”
も存在しています。
充実したコンシェルジュサービスが自慢で、世界各国にカード会社が用意したサポートセンターが設置されています。
外国でありながら日本語でサービスが受けられるとあり、海外旅行の必須アイテムとまで呼ばれているのです。
「そんなにお得なカードなら自分も欲しい」
と思われる方も多いのではないでしょうか。
しかし便利なクレジットカードを所持するためには、各社が独自に設けた「審査基準」を通過する必要があります。
顧客の年収や勤務年数など、様々な視点から
”カード所有者として相応しいか”
という診断を下されるのです。
この審査はステータスの高いカードほど厳しく、狭き門となっています。
狭き門を通過したからこそ
”所持しているだけで価値あるカード”
という高い地位を獲得しているとも言えるでしょう。
一般的なカードであればそこまで厳しくはないので、審査を通過するのも難しくはないでしょう。
便利なカードを選び、積極的に活用されてみてはいかがでしょうか。

昨今のクレジットカードと審査に落ちる理由

クレジットカードの審査は昨今とても簡単に通るようになってきました。
昔インターネットのプロバイダー料金を支払うために作った頃は年会費ですら無料のところが少なくその支払いのためだけに作ろうとしていたので、選択肢は自ずと狭まってしまいました。
今では年会費入会費は無料は基本で、あとはそれぞれのサービスの差となります。
私が久し振りに作ったカードでこんなに簡単に審査が通ってしまうのかと思ったものが楽天カードです。
インターネットで必要な項目を入力しただけで後日カードが送られてきました。
調べてみると、初心者が持つカードとして最適のようですね。
過去の支払いに問題がなければ大学生や主婦でも持つことが出来ます。
インターネットで簡単に申し込みが出来るのも敷居の低さでしょうか。
インターネットで利用明細や設定の変更等もできるので、その辺りも今の時代には最適なのかもしれません。
そんなに簡単に審査が通るとはいえ、もちろん落ちる場合もあります。
一番肝心なところの信用度の問題です。
あちらこちらで多くの借金やローンを作っていたり支払いが滞ったりした時点で通らないでしょう。
それと些細ですが申込書の記入ミス。
クレジットカード会社はこの申込書を見て判断するのですから雑に書いてはいけません。
住居に大いに関係があります。
長年ホテル暮らしやインターネットカフェで寝泊まりしている人は通りません。
きちんとどこに住んでいるとわからないといけません。
あと上記に楽天カードは大学生や主婦でも持てると言いましたが、他のクレジットカード会社では落ちる可能性があります。
誰にでも作ってあげる魔法のカードではなく、使った金額だけの支払い能力があるかどうかというところが大切ですから。
職業、勤務先、収入等によっては通らない可能性もあります。
職業というと社会的に信用度の高いもの、逆に落ちてしまう職業はフリーター、自営業などです。
それを考えると収入のない大学生や主婦で持てる楽天カードが人気になるのもわかりますね。

クレジットカードの審査はどのようにしているのか
最近はクレジットカードも、量販店やスーパーの値引カードと一体化させたようなものが増加しており、家庭の主婦や学生が加入している例が増えています。
また、審査のスピードも結構速く、どのようなことをしているのかと考えたくなるような時もあります。
しかし、クレジットカードの発行時にはしっかりと審査をしています。
ただ、最近では電子データでやり取りをしたり、コンピューターの性能が上がったことから、人間が目で作業をすることが減少していることから、スピードはかなり上がっています。
また、収入のない人であっても、その親や配偶者に十分な収入があったりすれば問題なく回収が可能であるという判断をしているのです。
審査のデータとして大切なデータは個人信用情報機関が保有しているクレジットカードの利用事績です。
決済の遅延の有無等がすべてここに集積されるので、申込をした人については必ずその人のデータが個人信用情報機関に照会されます。
照会データは、電子データで送信されますからパソコン業務にうまくマッチングします。
しかも、ほぼリアルタイムにデータが来ますから、スピーディな処理に寄与しているわけです。
もっとも、人間の目が全く入らないわけではありません。
各信販会社等ではマニュアルがありますが、そのマニュアル通りの申込者であれば、コンピューター上のチェックだけでカードが発行されます。
しかし、申込者の全てがそのような人ばかりではないので、担当者が直接チェックすることになります。
その場合、当然完了のメール等が遅くなりますから、1週間以上連絡がない時は、何らかの事情で引っ掛かっていると考えた方がいいでしょう。
短期間に何枚もの発行申込を集中させると、警戒して拒絶されるようなケースもありますから注意が必要です。
なお、自分には何の覚えもないのに、返事が長引いた揚句にカード発行を拒絶されるようなケースが何度もある場合は、個人信用情報機関に自分の履歴を照会してみた方がいいかもしれません。

クレジットカードの審査に通りやすい人とは?
クレジットカードを作成するにあたっては、必ず審査が必要ということは周知の事実です。
所定の申込書に必要事項を記入して、クレジットカード会社に郵送して審査を受けるわけですが、これにパスして初めてカードを受け取ることができるわけです。
でも若い時、特に学生の独り暮らしなどでは審査に通らないこともあります。
これはなぜかというとカード会社が設定する一定の条件をパスしていないからです。
では、何を基準にしてカードの発行が許可されるかというと、
「安定した収入」
「返済能力」
「安定した居住場所」
という項目についてみているようです。安定した収入は言わずと知れたことで、大手企業に勤務し、勤続年数が長ければ評価も上がります。
また、公務員などの安定した職業であればスコアも良くなります。
返済能力に関しては過去に借り入れした履歴などで、延滞などのリスクがないかとか、過去に消費者金融からの借り入れなどの履歴がないかどうかがポイントになります。
カード会社は必ずといっていいほど、個人情報を管理する中立機関に照会を行いますので、自己申告をしてうその履歴を書いても必ずばれてしまいます。
過去に延滞などを繰り返して、複数のカード会社などにカードの発行を申請していたりするとそれが自転車操業と判断されたりというマイナス評価の要因になることもあるでしょう。
返済能力という点でいえば、自分が親と同居していて持ち家があるというのも大きなポイントとなります。
一人暮らしで仮り住まいであれば夜逃げの可能性がありますし、その分リスクが高くなります。
親と同居しているという点は代わりに返済する人がいるというリスク分散につながりますし、そこが持ち家であれば逃げも隠れもできないという点で、評価が高くなります。
安定した住まいがあるというのは評価の中で重要なポイントを占めるでしょう。
また、携帯電話しかないというよりも固定電話があるというのもプラスの評価につながります。

クレジットカードの申し込みでしてはいけない事
クレジットカードの審査基準は会社によって大きく違う場合が有ります。
一般的には銀行が発行する様なクレジットカードは最も可決が厳しく、その次が消費者金融が発行する信販系のカードの作成難易度は中間で、最も緩くて甘いのが大手スーパーやコンビニ、デパートなどが主体となって発行を行っている流通系のカードになります。
なぜ流通系のカードの審査が甘いのかについて考えると、それは単純に利用してもらう顧客の数を増やしたいと言う企業の思惑が有るからです。
カードの作成を少し甘くして顧客の数を増やせば、それだけ買い物をしてもらえる可能性が高くなるからです。
その代償としてカードを発行してくれた人には、例えばあるデパートでは買い物をすると割引になる特典が有ります。
コンビニの場合にはポイントを付与したりと、自分達のお店で少しでも多く買い物をしてもらえる様に様々な工夫をしています。
流通系のカードは非正規雇用の人でもカードを作る事が出来たと言う話もある程でかなり甘いと見て良いです。
逆に流通系のカードでも作成が出来ない人は他の所でも結果は厳しくなると言う見方が出来ます。
ある大手コンビニチェーンの発行しているカードは、郵送で送られてきますが大抵の場合、クレジットカードが可決された時と言うのは、10日ほど経ってから本人限定郵便などで送られてくる場合が多いです。
しかし、駄目だった場合には普通郵便でポイントを貯めて自由に使える機能だけが付いたカードが申し込みから1週間程経った後で送られてきます。
このポイントカードが届いたと言う事は今回は審査が通らなかったと言う事です。
しかし、諦めるのは早いのです。
ちゃんと原因を解明して、否決記録が抹消される半年以上経過してから再申し込みを行えば発行出来る可能性は残されています。
欲張って一度に何社ものカード会社に申し込む様な事はしてはいけません。
多く申し込めば発行出来る確率が上がると言う訳でも無いからです。

審査後にすぐ発行してくれるクレジットカード会社の見つけ方
クレジットカードは今やインターネットからでも簡単に申込みができますので、特典の多いカード会社やポイント還元率の高いカードを発見しましたら、そのままWEBサイトにアクセスすることですぐにカードを発行、クレジット機能だけでなく様々なサービスの恩恵を受けることができます。
しかし、クレジットカードの本分とはキャッシュレスで決済をすることであり、オンライン決済やオートチャージ、ETC決済など、その利用場面は時代とともに増えています。
さらに、最近では高額なショッピング枠を提供するカード会社も増えていますので、今までは買えなかったような高額商品や高級品もカード一枚あるだけで簡単に購入できるのです。
そのような時代だからこそ、いざというときに備えてカードを一枚作っておくことは今後何かおきたときに非常に役立ちます。
しかし、実はカード会社にはまだまだ他にも日常生活に役立つ知識が多く存在します。
例えば、即日審査、そしてカード発行ができるカード会社があることはあまり知られておらず、その知識を覚えておくだけで多くの恩恵を受けることができます。
通常、カード会社に申込みをしても実際にカード決済ができるようになるのは一週間後になりますが、即日審査、そして即日カード発行ができるカード会社に申し込めばそのような憂鬱な期間を待つ必要がなくなり、申込みをしたその日のうちにカード決済ができるようになります。
では、一体どこにそのような即日カード発行ができるカードがあるのかと言いますと、それはデパートや百貨店で受付をすることができます。
このような百貨店系のカード会社は、受付所で申込みからカード発行までしてくれますので、インターネットから申し込むよりも速くカードを入手することができるのです。
審査についても目の前でしてくれますので、カードの申込みから実際に入手するまでに数時間しかかからず、その日のうちにデパートや百貨店だけでなく、オンライン決済もカードでできるのです。

勤続年数もポイントとなるクレジットカードの審査
数年前、買い物をしていると、友人たちがみんなクレジットカードで支払いをしており、現金でしか買い物をした事が無かった私は、カードの仕組みが良くわからず、興味津々で友人たちに色々聞きながら、カードの仕組みを教えてもらいました。
そうすると、お洋服などの買い物の際に、金額が高い場合でも、カードで支払えば分割などが出来るのでとても便利だと聞き、いつも現金で支払っていて、高い金額のもが欲しくても諦めていた私には、とても衝撃的な事でした。
他にも、様々な支払方法が利用できたり、お買い物をする度にポイントが貯まって、そのポイントを商品券などの色々な商品に交換できる事も知り、早急にクレジットカードが作りたいと思い、様々なカード会社を調べてみました。
せっかく作るので、ポイントの還元率が良いカードを作りたいと思い、クレジットカードの利点などを比較したサイトや、友人たちの話を参考に、申し込むカード会社を決めました。
カードの申込みは、店舗へ出向いて契約をするのかと思っていましたが、インターネット上から簡単に出来たので、とても驚きました。
このインターネット上からの申込みは、手順に沿って住所や名前などの個人情報と、働いている会社の情報を入力するのみでしたので、10分程で簡単に申し込みが完了しました。
その後、カード会社より、申込みの簡単な確認の電話がかかってきましたが、その確認も数分で完了し、特に問題もありませんでした。
そして、審査に入るとの事で、そのまま数週間待っている間に、審査に通りやすい条件などを調べていると、勤続年数もポイントとなると書かれていました。
私は、申し込みをした際に記入した会社に5年以上勤めていたので、無事に審査に通過し、カードが自分の手元に届きました。
届いた瞬間は、大人になった気分でとても嬉しく、届いた次の日に友人を誘って、早速お買い物へ行きました。
その際、初めてカードで購入したのですが、いつもなら諦めて買えない数万円のコートをその場で購入する事が出来、しかも自分が毎月払える回数に分割して支払が出来たので、とても安心して購入出来ました。