Most popular posts

人気のクレジットカード記事

クレジット豆知識

クレジットカードの上限を引き上げる方法

電話で限度額の引き上げを依頼してください。

あなたのクレジット上限が近づいているとき、あなたのクレジットカードのうちの1枚に限度額の増加を求めることはあまりおすすめしません。
利用可能なクレジットのほとんどを使用していることがわかった場合は、より多くの現金を借りるように依頼するよりも、借金レベルを引き下げる方法を探すほうが得策です。
あなたがかなり良い財政状態にあるならば、あなたのカードの上限を引き上げることは実際にあなたのクレジットスコアを改善することができます。

アカウント管理

あなたが持っているクレジットカードで、支払期限を守らなかったりゆるい状態であれば、あなたに限度額の増加を与えることはまずないでしょう。毎月の分割払いでいつも遅れている場合、または既存の制限を超えていく場合は、安定した期間を維持した後で制限の引き上げを求めたほうがよいでしょう。
逆に、支払いを見逃したことがなく、常に限度内に留まっている場合は、リクエストが承認される可能性が高くなります。

あなたがオンラインで限度額の増加を求めることを可能にしますが、あなたのカード発行者のカスタマーサービスラインに電話することによってあなたの要求が承認されるあなたのチャンスを助けることができます。
与信限度額を引き上げるよう依頼してください。
あなたが自分のアカウントをどれだけうまく管理したかを指摘することによってあなたの利用用を主張してください。
仕事を失った、または緊急修理の費用を支払う必要があると発言している人に話しても、原因の解決にはなりません。

クレジットカードのメリット

クレジットカードを持つことで、あなたに余裕のある資金を与えることと同様に緊急時に使うことができます。
あなたの信用限度を増やすことはあなたの信用スコアを改善するのを助けることができます。上限値を設定すると、クレジットの使用率が下がり、外出せずにアクセスできる追加のお金を使うことになります。

代替案

あなたが良いクレジットスコアを持っていて、現在あなたのカードの1つに有利子バランスを持っているならば、低い残高転送レートを提供する新しいクレジットカード口座を申し込むことは限界上昇を求めるより良い選択でしょう。これにより、借金を利子の少ないカードに振り替えることができます。古いアカウントを閉じない限り、クレジット使用率は低下します。そのため、2つの面で勝ちます。

クレジット豆知識

クレジットカードの請求サイクル

クレジットカード会社は、支払利息と未払い料金を計算するために、繰り返される請求サイクルを使用します。
クレジットカードの請求サイクルを知ることで、毎月の請求書または明細書の発行時期を知ることができます。

請求サイクルの定義

クレジットカード会社は、請求書の発行方法と利子の請求方法を把握するために、請求期間またはサイクルを定義します。請求期間には、請求期間を終了する終了日を含む特定の日数があります。
1回の請求サイクルの終了日が過ぎると、次の請求サイクルが始まります。クレジットカード会社は、請求サイクルの開始日と終了日を使って残高に対する利子を計算します。

請求期間の決定

クレジットカード会社のカスタマーサービスに電話して、請求期間を確認してください。
請求サイクルの終了日を知ることで、1つの請求サイクルが終了して次の購入サイクルが開始された直後にクレジットカードの購入が行われるようにタイミングを設定できる場合があります。
これは、購入を「フロート」して請求書の支払いに余分な時間を費やすのに効果的な方法です。
その購入品は、到着予定の請求書には表示されないため、次の請求書に表示されます。

請求サイクルに関する規制

クレジットカード会社が消費者を利用しないように、カード会社を厳しく規制しています。一部の請求要件には、月ごとに変更されない静的期日が含まれています。
請求書を郵送してから支払期日が到来するまでに最低21日の余裕が必要です。クレジットカード会社は、午後5時までに締め切り時間を設定することも禁じられています。あなたの期日が週末や休日になると、クレジットカード会社は次の営業日にそれを進める必要があります。クレジットカード会社が最新の請求期間からの現在の残高と日々の残高の両方を使用して利息を計算できるようになった時代は終わりました。

クレジットカードの罠

クレジットカード会社は、興味を引くために2サイクルの請求サイクルを使用することはもうできませんが、この新しい規制を回避する方法を見つけた人もいます。SmartMoneyのWebサイトでは、利息発生のための猶予期間のないクレジットカードで、購入日に利息の請求が開始されることを警告しています。残高を繰り越さずにサイクルを開始し、購入を行い、次に請求サイクルの最後に部分的な支払いのみを行うと、クレジットカード会社は、部分的な支払いからあなたに支払われる利息の差を維持します。

法人カード

法人カードは全て同じではない! 自分の事業にメリットのある法人カードを見極めよ

法人カード選びのポイント①

フル活用したい! 事業経営に役立つサービスをチェック

様々なサービスが付帯されている法人カードですが、せっかくならばビジネスをするうえで大きく貢献してくれるサービスを行っているカードを選びたいところです。
例えば出張時の航空券・特急券の手配やホテル予約、渡航先情報の案内、また接待のためのレストラン手配やゴルフ場予約、花などのギフト手配など、実務ではないがビジネスシーンで欠かせない業務をコンシェルジュデスクに依頼できるサービスも存在します。窓口への電話1本で済めばあれこれ自分で調べて調整する必要なく、時間の有効活用ができるでしょう。実務に専念するために、それ以外の時間はできる限り削減したいという経営者や個人事業主ほど、そのメリットを感じるはずです。
また、法人向け弁護士の紹介や、業務で使用する事務用品・オフィス家具といった経費を交渉することなく優待価格で購入できることなども、ビジネスにおいて有利に働きます。
法人カードのなかには、企業に向けた福利厚生の要素を含んだプログラムの優待を行っているものもあります。全国各地の宿泊施設やスポーツクラブの優待、レストランやスパでの割引価格での提供など、社員のモチベーションを上げるのにも役立つことでしょう。
格上のサービスを受けられるのも法人カードの特徴の一つ。国内に限らず世界の一流ホテルやレストラン、ショッピングではVIPな対応をされ、世界の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティパス」を付帯できるものなど、海外出張が多い場合にはぜひ検討したいところ。日本と違い海外では飛行機遅延も多いため、空港ラウンジの利用は思いのほか役に立ちます。空港ラウンジでは無線LANが整っているため、仕事の進捗確認やメールチェック、部下への指示だしなど、ソファーでゆったりと行うことができます。空港内の待合室といった人の多いところで作業するより効率的なうえ、無料でドリンクを飲めたり軽食をとったりと、プラスアルファのサービスを受けられることで気持ちに余裕をもてそうです。
法人カードを選ぶ際には、こうした事業の効率化に繋がるサービスに目を向けてみると良いのではないでしょうか。

法人カード選びのポイント②

ポイントやマイルは欠かせない! 慎重に選ぶべき「ポイントシステム」

法人カードは利用額が大きいだけに、それを生かさない手はありません。必要経費をカードで支払うだけで年会費以上のポイントが貯まる可能性がありますので、ポイント還元率はチェックすべき要素の一つです。同時にポイントの使いやすさや、貯まったポイントが何に利用できるかといったところも重要。幅広い用途で使えるということだけでなく、ポイントを生かして事業に役立てられるかというところまで考えておきましょう。
例えば、法人カードによってはカード利用で貯めたポイントを通常よりも多くマイルに交換できるものもあります。マイルであれば、航空チケット取得に利用できるので出張で飛行機を利用する機会が多い場合には、重宝するサービスと言えます。
また失効期限のないポイントを貯められる法人カードもあります。知らず知らずのうちに貯まっていくポイントですが、その分「うっかり失効させてしまった」という経験を味わったことがある方も多いのではないでしょうか。一般的に法人カードの還元率は一般カードよりも低い場合が多いですが、還元率が0.5%だとしても、毎月100万円の経費利用があればそれだけで年間6万円分のポイントが貯まることになります。これを「うっかり」で無駄にしてしまうのはあまりにも勿体ないことです。ポイントに失効期限がなければ、たとえ数年間放置していたとしても貯め続ける事ができ、相当数のポイントが貯められれば用途がさらに広がることでしょう。

法人カード選びのポイント③

法人はステータスも重要!「信頼できる取引先」の条件にも

企業経営者が使っているクレジットカード、実はきっちり見られています。
接待費を経費として計上するため、取引先との会食代を法人カードで支払う事はよくある事です。このときにどのようなステータスのカードを使うかで、会社の信頼度を図られている可能性があります。なぜならクレジットカードのステータスとは、カード会社が認めた「その人ならびにその会社の信頼度」にあたるからです。
カード会社にとって、経営状況の厳しい企業にゴールドカードやプラチナカードなどの利用限度額が大きいカードを発行することは大きなリスクとなります。健全な経営実績がないと発行されないのです。
接待される側の立場として、一般の法人カードを出す社長と、ゴールドやプラチナの法人カードでスマートに支払いを済ませる社長、どちらのほうが会社としての信頼性を感じるでしょうか? クレジットカードで取引先を決めるわけではありませんが、会社の経営状況を探る1つの目安になることは否めないでしょう。特に中小企業や知名度がそこまで高くない企業の場合には、余計な詮索をされるくらいなら「経営努力の証」を持っておいたほうが無難です。
このように法人カードのゴールドカードやプラチナカードは、優越感や自慢するためのものではなく、取引先への信頼を示す重要なツールとなりえます。法人カードは接待や商談で必然的に使用するものですから、カードのステータスは実益に関わる要素となります。
ゴールドカードやプラチナカードは数万円の年会費がかかってくる場合がほとんどですが、ビジネスを行っていくうえで、その年会費を支払ってでもステータス性の高い法人カードを選ぶ事は賢い経営努力と言えるでしょう。

法人カード

持ってないの? 企業や個人事業主の必須アイテム「法人カード」の基礎知識

法人カードとは、法人(企業や個人事業主)向けに発行されているクレジットカードのことです。法人カードの名義は法人代表者となり、利用料金は法人口座から引き落とされ、事業経営における経費支払いのために利用されます。
クレジットカードの使い方としては、個人カードとほとんど変わりはありません。
Read more

カードローン

カードローン返済の落とし穴

カード利用の借り入れは返済方法に気を付けて
カードローン 借入には色々な返済方法がありますが、その中でもカードローンの返済方法は選択をする前に十分に注意する必要があります。その理由は返済の多彩さが原因になっているのですが、その返済事例を紹介しつつ、カードローンの返済を検証していきましょう。
一昔前ののカードローンの借り入れの姿と言えばまず融資枠を決め、その金額内での借り入れを行い、借入金額に従って返済金額が金融機関の定めに従って設定され、利用者はその定めに従って毎月の返済を行っていました。また借入金額に関係なく金利は一定であったのです。しかしながらこのカードローンの常識は今では全く違っています。
まず借入金額の最低額が大きく引き下げられました。概ねどの金融機関でも1万円からの借り入れが可能となっています。それに従って金利の在り方も大きく変化しています。50万円から100万円単位で金利は変化し、利用者の借入額に従った金利が設定されています。従って金利が一定であるという事はありません。更に大きく変化したのはその返済方法です。今迄の借り入れであれば返済の方法は1つしか選択できませんでした。ところが最近は色々な返済方法の中から利用者がその1つを選択できるようになり、またその金額設定にしても利用者の希望金額をある程度決められるようになったのです。
これにより、利用者の返済の選択権は増え、便利にはなったのですが、支払総額は選択する返済方法により大きく変動する様になったのです。その返済方法の変化の中で、最も大きな返済方法の違いはスライド方式の返済方法が取り入れられた事です。スライド返済とはリボルディング返済等がその代表例なのですが、毎月の返済金額を固定し、借入金額に関わらない返済金額を設定する返済方法なのです。
利用者に取っては借入金額に関わらず返済金額が一定な事から非常に毎月の返済は楽になるのですが、代わりに借り入れ金額が増大する程、毎月の返済金額が変化しない為に返済回数が増える事によって、返済総額が莫大になるというデメリットをもっています。これは借り入れ当初には利用者には判断しづらく、何も知識の無い利用者がこの返済方法を選択するケースがあるのです。
後になって支払総額が甚大になる事に気が付いても契約した後ではもう何も言えませんから、事前の返済シミュレーションを実施する事が唯一の判断方法なので、カードローンの利用を検討している方は必ず利用前に実施しなければなりません。

前世透視カウンセリング
カードローン

カード利用型の借り入れについて

カードローン比較の項目とは?
カードローン カードを利用したローンタイプの融資サービスについて、各金融機関の比較を行う場合にどんな項目が比較時に参照すべき項目なのでしょうか。今回はその項目について紹介していきます。
まずカードローンの場合比較項目が非常に多岐に渡りますので、項目別に紹介していきます。まず借り入れですが、これは融資可能限度額となりますが1点注意点があります。カードローンの場合、融資額を利用者と金融機関の間で双方の希望額を審査により決定するのですが、決まった融資金額は融資枠として設定されます。この融資枠は個人情報センターに記録されるのですが、利用者本人の与信枠として取り扱われ、他の借り入れ時に与信枠の金額全てが与信可能枠から差引されますので注意してください。
次に借入金額ですが、最近の金融機関はカードローンの借入金額に最低限の制限しかかけず、1万円からの借り入れを可能としている金融機関が増えてきています。借入金額が小さければ小口融資の利用も兼ねることが出来ますので、この様な金融機関を選択した方がお得です。金利についても当然ながら借入枠ではなく、借り入れをした金額に対してのみ金利が付きますので、有効に利用できます。但し、金利についてはその借入額毎に異なりますので、借り入れしている金額に応じた金利を確認しておく必要があります。
返済についてですが、現在のカードローンは返済の方法が実に多彩です。利用者によって色々な返済方法が選択出来る様になっていますので、ご自身に合った返済方法を選択出来ます。但し、返済方法によっては毎月の返済金額が低く、一見非常に楽に返済を実施出来る様に見えて、実際には支払総額が非常に大きくなる様な返済方法もありますので、選択前に必ずシミュレーションを実施して支払総額を確認しておく事が必要となります。
その他キャッシングカード自体に特典が設定されているものがあります。関係会社のサービスが割引で使用出来たり、カードのキャッシング利用でポイントが付いたりする事で、他のショッピングとポイント共有がされ、そのままポイント利用が出来たりと、色々なサービスを提供している金融機関があります。金融機関によってはこの様なサービスが無いところもありますので、事前にホームページや該当する金融機関に問い合わせをしてみて下さい。
概ね大きな要素は以上となりますが、これらのサービスを比較してご自身に合った借り入れを選択してください。これ以外にも各金融機関では多彩なサービスを提供していますので、詳細については各金融機関で提供されているサービスををしっかり精査しましょう。

全国ダイビングマップ(沖縄・東京・神奈川など)
カードローン

カードを利用したローンを低金利に利用するには?

カードローン低金利は利用の仕方による
カードローン カードローンと呼ばれる金融サービスについて金利等のより良い条件等を紹介します。これらのサービスは長期分割返済を前提とした借り入れ方法ですので、基本的には大口の借り入れを指しています。この様な大口の借り入れは銀行系、消費者金融系どちらでもそのサービスは行っていますが、金額が大きくなる事が前提となっていますので銀行系の金融機関が得意とするサービスである事は間違いありません。
銀行系が強みとするサービスですので、当然ながら金利は低く設定されている事がこの融資の特徴なのですが、最近のカードローンでは一概にその様な事が言えなくなってきています。カードローンについての概念は大口の取引が基本でしたが、最近の金融ビジネスでは顧客獲得競争が激しく、顧客の囲い込み戦略が重要となっています。その影響からか、カードローンで小口のキャッシングを兼ねる様な利用方法が可能になってきているのです。これにより借入額に相当する金利が細かく設定されており、利用者の借り入れ額に合わせて金利が変わるというサービスに変化してきています。
これは利用者に取ってはより細やかなサービスが出来る様になった代わりに金融機関の得る利益率は向上しているのです。最近金融機関ではこの様な利益の取り方がトレンドになってきています。基本的には利用者でサービス内容は選択出来るようになっていますので、ご自身で良く判断をした上でサービスを選択する様にしなければなりません。借入額が大きくなるにつれて金利が低くなる傾向は変わりませんので、金利が大事だという方はケースによってサービスを使い分けた方が良いでしょう。
この様に最近の金融サービスはサービスの内容が以前と比較して複雑になってきていますので、サービスの内容についてはしっかりと確認し、実際に借り入れを行った場合のご自身の利用方法を検討しながらサービスの選択を行わなければならないでしょう。
カードローンサービスについてもその辺りは同様で、借り入れ金利の安い金額帯での借り入れを利用しないと、それ以外の金額帯では低金利なサービスを期待出来ない場合もあります。基本的には金利というのは相対的に高い低いが決まりますので、最終的にはご自身でその金利が高いのか、低いのか決めていく事が必要になってきます。それは他のサービスも含めた総合評価となりますから、難しい判断となってくる事は間違いありません。
金利についての考え方が一昔前と異なって、単純に比較できるものでは無くなってきているという認識を利用者が持つ事は非常に今後の金融サービスを利用していく上で大事な事でしょう。

クレジットカード現金化案内所
カードをお持ちの方ならどなたでも、審査不要・来店不要で最短10分程度で現金が手に入るサービスです。

カードローン

カードを利用した借り入れは返済に注意を

カードローンの返済は特徴が多い
カードローン 金融サービスには様々なものが出揃ろっていますが、その中でも最近のカードローンの返済方法は多様なサービスが提供されています。
特に近利用者の注目を集めているのはスライド返済型の返済方法です。このスライド返済というのはリボルディング返済等を筆頭とした支払方法がそれに当たります。通常の返済であれば借り入れの総額に比例した返済金額が設定されるのですが、スライド型返済であれば借入金額に関係なく、返済金額は固定化されます。返済額が固定化されている事によって、毎月の返済額を最低限の金額に設定することが出来、これが利用者に人気が出ている理由になっています。
しかしながらこれらの返済方法には問題点も指摘されており、大きな金額の借り入れを行った場合、返済金額が変わらない事で返済回数は当然ながら多くなり、結果として支払金利の返済総額は非常に大きくなる場合があり得る訳です。これが無用に返済総額を大きくする可能性があるという指摘もされており、問題視されています。場合によっては金利の低いサービスを選択しても、スライド方式の返済を選択した場合には、結果的に支払総額は大きくなるという事が起こってしまう訳です。
この様なカードローンの返済を検討している方は、返済シミュレーションをしっかり行い、完済時の支払総額をしっかりチェックするようにした方が良いでしょう。

金利と返済方法の関係について
カードローン カードローンサービスについてはその多彩な返済方法を利用者が選択できるという事が、非常に評価されていますが、利用者の返済方法の選択によっては思わぬ結果を招く可能性がある事を認識しておかなければなりません。
まず、金利は当然ながら安い金融機関を選択するのが利用者の共通した望みですが、返済方法が毎月低く押さえられる事も利用者に取っては魅力的な事柄です。ところがこの2つの長所をカードローンサービスでは選択できるようになっており、これが利用者によっては金利で有利なサービスを選択したにもかかわらず、支払総額は大きくなるという相反する結果を招く可能性が出てきているのです。
これは返済方法の仕組みによって、この様な事が起こるのですが、支払総額を低く押さえるという概念については、金利のメリットと返済方法によるメリットは全く逆の効果を持つのです。サービスの内容で決めるのか、支払総額のメリットで考えるのかによって、選択するサービスは考えなければならないのですが、金融機関でその様なガイドラインは設定されていません。従って目的に応じたサービス選択を利用者は明確にしなければなりません。その為には返済シミュレーションを行うのは最も有効で安全な方法です。

カードローン

カードローン地獄に陥りやすい方は?

借り入れの利用方法によって
カードローン カードローンを利用する場合に借り入れとうまく付き合いの出来ていない方は、多重責務に陥る場合が多いのですが、どの様な方がその様な状況に陥りやすいのでしょうか。今回はその傾向についての検証を行います。
借り入れを行ってトラブルに陥る方に方に共通しているのは、借り入れ前に十分その算段を行っていない事が最も多い理由となっています。ここで言う算段とは返済計画の事を指すのですが、要するに場当たり的に必要だからという理由だけで借り入れをし、実際に返済段階になって返済に行き詰まり、新たな借り入れを起こしてしまうという事になってしまう訳なのですが、一度これを始めてしまうと当然その後の収支は更に厳しくなってしまうので、歯止めがかからなくなってしまう訳です。
この典型的なカードローン地獄はその過程に問題があるのではなく、最初の借り入れ段階で無計画に借り入れを始めてしまった事に原因があるのですが、この様な状況に陥ったほとんどの方が実はその最初の段階での過ちには気づいていない事が多いのです。これは簡単な理屈で、返済が厳しくなり始めてから問題に気が付くので、最初の段階でのミスを考える事が無いからです。
いったんこの状況に陥ると今度は冷静さも失い始める為、あらゆる判断にミスが出ます。多重責務を脱する状況作りどころではなく、まず返済をどうするかという事に頭の中は一杯になっていますので、適切な対処が出来ず、借り入れを新たにどうして起こすかという事だけに思考が集中してしまいます。この状況では誰でも適切な対応を行う事は困難でしょう。こうなってから実際に状況を挽回するのは非常に難しい事と考えなければなりません。
この様な事にならない様にする為には、やはり最初の段階でしっかりした返済計画を立てておく事が最も安全で確実な方法である事を認識しておかなければなりません。返済計画を立てるという事は返済の計画をただ立てる事だけではなく、同時に自身の返済能力を正確にしるチャンスでもあるのです。自分自身の返済限度さえ確実に把握しておけば、それ以上の借り入れや返済がどんな結果を招くかという事はしっかり把握できますから、リスクの高い借り入れは絶対に避けるはずですし、そのブレーキが最も借り入れをする場合には必要な要素なのです。
面倒に見える返済計画の立案も、実は目に見えない効果が非常に高い事柄が計画を立てる事によってわかってきます。借り入れを考えている方で返済計画をまだ立てていない方は是非返済計画を立ててから借り入れを実施して下さいね

Close